INTERVIEW
インタビュー

エンジニア
利用者からも技術者からも
喜ばれるようなサービスを目指す
上野 勇太 YUTA UENO
システムソリューション ディビジョン
engineer 画像
engineer 画像
システムを俯瞰で捉えてどうあるべきかを考える
当社を知ったのは、転職サイトで「Java, 自社サービス, フレックス」などの条件で検索した際に「かっこ」という名前が印象的で目にとまったのがきっかけでした。

前職のJava開発の経験を活かせる点と「不正検知サービス」というサービスの独自性に興味を惹かれ、また、少数精鋭の組織でシステムの全体像を理解しながら開発をしたいという思いもありましたので、入社を決めました。

その思いの通り、当社ではインフラからフロントエンドまで広範囲の仕事に携わることができ、開発者の視点はもちろんのこと、運用面・利用者目線での意見を知ることができるので、システムを俯瞰で捉えて、どうあるべきかを考える機会に恵まれています。
A DAY SCHEDULE
ある1日の流れ
イメージ イメージ イメージ
  • フレックスタイムを活用し、遅めに出社。
    今日のタスクの整理を行う。

  • 部署朝会
    昨日やったこと、今日やること、困っていることを共有し、コミュニケーションの活性化を図っている。

  • 開発業務

  • 昼休み
    お昼時の混雑を避けるために遅めに昼休憩をとる。

  • ミーティング
    課題の共有や開発中の案件について話し合う。

  • 開発業務

  • タスク整理
    タスクを整理し、日報を書いて業務終了。

利用者からも技術者からも喜ばれるようなサービスを目指す
現在はDBのチューニングの検討を主に行っています。これまで触れる機会の少なかった、インフラ技術のキャッチアップに苦労していますが、情報をインプットするだけではなく、実際に手を動かして技術を試してみることを意識して取り組んでいます。

まだ、大きな機能の対応は経験していませんが、社内向けのシステム管理ページのデザインを動作環境ごとに変更する対応を行った時に「これで安心して作業できる」という言葉をもらえたときはとても嬉しかったですね。
「利用者からも技術者からも喜ばれるようなサービス」にしていけるよう、自身の技術力向上に日々励みたいと思います。

engineer画像
社員一人ひとりがサービスに対して真摯に向き合っている
かっこは自由度の高い会社だと思います。自分の思いついたアイディアも積極的に取り入れてもらえる柔軟性があります。また、社員一人ひとりがサービスに対して真摯に向き合っているところも特徴だと思います。もちろん、大変なこともありますが、成長できる環境だと思います。

engineer画像
上野さんってこんな人
上司同僚画像
岡田 知嗣
 
TOMOTSUGU OKADA

システムソリューション ディビジョン
上野さんは、頼り甲斐のあるエンジニアです。
日々改善すべき点を提言し、率先して解決しようとする姿勢は、
エンジニア以外のメンバーからも信頼されています。
彼のランチのお店情報も有益です(笑)