2021.08.23
Press

「uberall」日本統括代理店の株式会社リカバリーと資本業務提携
~不正検知国内No.1のかっこがローカル検索マーケティング領域に参入~

 AI・統計学・数理最適化といったデータサイエンスの技術とノウハウをもとに、アルゴリズム及びソフトウエアを開発・提供することで、企業の課題解決やチャレンジを支援するかっこ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO : 岩井 裕之、証券コード:4166、 以下、かっこ)は、uberall GmbH(本社:ドイツ、共同設立者兼CEOフロリアン・ヒュブナー、以下、uberall社)がグローバルに展開するローカル検索マーケティングソリューション「uberall」の日本統括代理店である株式会社リカバリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役: 原口浩一、以下、リカバリー)との資本業務提携契約を締結し、同社が第三者割当の方式により発行する同社普通株式を取得することについて決議しましたので、お知らせいたします。これにより、かっこは、主に小売・サービス業を対象としたローカル検索マーケティング領域のSaaS事業に参入いたします。

■提携の背景と目的
 かっこは、「未来のゲームチェンジャーの『まずやってみよう』をカタチに」という経営ビジョンを掲げ、当社の有するAI・統計学・数理最適化といったデータサイエンスの技術とノウハウをもとに、アルゴリズム及びソフトウエアを開発・提供することで、企業の課題解決やチャレンジを支援する「SaaS型アルゴリズム提供事業」を展開しております。
 特に、EC分野において、クレジットカードのなりすまし注文等の不正被害の防止及び審査業務の自動化を実現するSaaS型不正注文検知サービス「O-PLUX(オープラックス)」を中核製品として展開しており、日本国内のECサイトにおける有償の不正検知サービスの導入件数№1(※)を獲得しておりますが、中長期での成長戦略として、EC分野のみならず、新規分野におけるSaaS型サービスの提供により、事業領域の拡大及び新たな収益機会の獲得を目指してまいりました。

 今回、かっこは、リカバリーとの資本業務提携により、同社の発行済株式総数の38.46%を取得するとともに役員を派遣することで、ローカル検索マーケティングソリューション「uberall」の日本事業に参画し、主に店舗展開を行う小売・サービス業を対象としたローカル検索マーケティング領域のSaaS事業に参入することを決定いたしました。
 グローバルに展開する「uberall」のサービス基盤に、かっこの有するデータサイエンスの技術・ノウハウとSaaSに関する知見を活かし、日本国内において付加価値の高いサービスを提供してまいります。

 なお、本資本業務提携に伴う今期業績への影響は軽微なものと見込んでおりますが、中長期的にはかっこの企業価値向上に資するものと考えております。今後、適時開示の必要性が生じた場合には速やかに開示いたします。

※株式会社東京商工リサーチ「ECサイト不正検知サービスに関する調査」2021年5月末日時点



【中長期の成長戦略における本提携の位置づけ】

■ローカル検索マーケティング(MEO)について
 ローカル検索とは、サーチエンジンである特定のエリアに関連する情報を検索することをいいます。具体的には、店舗名や住所情報での検索ではなく、「赤坂 レストラン」といった地名とサービス名の組み合わせや、「近くのレストラン」「人気 レストラン」といったサービス名+αでの検索を指し、検索結果は、ユーザーの位置情報などによって変わる仕様となっています。

【ローカル検索の例】

ローカル検索は、Googleのトレンドと公開されているデータに基づくuberall社の試算によると、Google検索全体の50%以上を占めており、近年、グローバルで急速に浸透しております。
 また、ローカル検索における検索順位を高め、CV率(コンバージョン率:成約率)の高いユーザーを集客するための施策は、「ローカル検索マーケティング」または「MEO(Map Engine Optimization:マップエンジン最適化)」と呼ばれ、注目が高まっております。


【Google検索全体に占めるローカル検索の割合】

※Googleのトレンドと公開されているデータに基づくuberall社の試算



■「uberall」について
 ローカル検索マーケティングソリューション「uberall」は、GoogleMapsやFacebook、Instagramなど125を超えるオンラインプラットフォームや自社のWebサイトに、全店舗の営業時間や口コミ等の様々な情報を統合管理できるクラウドサービスです。複数店舗管理の負荷軽減とともに、検索エンジンの表示順位向上及びレピュテーションマネジメントによって顧客体験を向上し、実店舗への来店数増加に貢献します。

【主な機能】
Control Center
 125を超えるプラットフォーム上の店舗情報やカスタマーレビュー、アクセス数などのマーケティングデータを全店舗横断で一括管理します。ダッシュボードからパフォーマンス指標の計測やKPIの可視化も可能です。

Listings
 ソーシャルメディアやレコメンドサイト、ディレクトリ、マップ、ナビゲーションシステム、レビューサイトなど、125を超えるグローバルプラットフォームで、ブランドのオンライン・プレゼンスを管理します。またGoogle独自の企業パートナーAPIと統合されており、GoogleマイビジネスやGoogleマップにもリアルタイムでデータを反映させ、正確な位置情報をより多くの消費者に届けます。

Engage
 数多くあるレビューサイト上の全店舗分の口コミデータを一元管理し、オンラインの評価を大きく改善する基盤を提供します。

Locator + Pages
 独自ドメインの自社サイトに、全店舗の位置情報や店舗情報を表示できる、世界でも屈指の「ストアロケーター」と店舗毎の「ランディングページ」を、簡単・便利なプラグイン機能を通じて提供します。また、検索エンジン(ローカルSEO)用に最適化されており、ローカル検索での視認性を向上させ、消費者がスマホで手近な製品・サービスを検索した際にヒットする確率を上げます。

※「uberall」の詳細はこちら: https://uberall.com/jp


■uberall社について
 uberall社は、ドイツにて2013年に設立された、ローカル検索マーケティング及びレピュテーションマネジメントソリューションで世界をリードする企業です。現在150か国1,500以上のマルチロケーション顧客にサービスを提供しています。同社は、2021年6月、北米のローカル検索最適化の大手プロバイダーMomentFeedの買収契約を正式に締結したことを発表しており、2社の統合後、現在の競合他社を上回る135万の事業拠点がオンラインで管理されるとしています。


■リカバリーについて
 リカバリーは、飲食業界、リテール業界など店舗の認知から購買/来店、推奨に至るまで、最先端のWeb技術を通じて、“カスタマーエクスペリエンス”をマネジメントし、“企業の熱狂的ファン”を創出する「Customer Experience Management Company」です。2021年6月、日本統括代理店としてローカル検索マーケティングソリューション「uberall」の日本事業開始に参画しました。



かっこは、今後も、経営ビジョンの実現に努めるとともに、セキュリティ・ペイメント・データサイエンスの技術で新しい価値を作り上げる会社として、企業価値の最大化を図ってまいります。


■会社概要
株式会社リカバリー
住所: 東京都渋谷区代官山町1−1 Grava代官山 1F
代表者: 代表取締役 原口 浩一
設立: 2018年1月 18日
URL: https://www.recovery-run.jp
事業内容: ローカル検索マーケティングソリューション「uberall」の日本統括代理店事業

かっこ株式会社
住所: 東京都港区元赤坂一丁目5番31号 
代表者: 代表取締役社長CEO 岩井 裕之
設立: 2011年1月28日
URL : https://cacco.co.jp/
事業内容:
 SaaS型アルゴリズム提供事業
(不正検知サービス、マーケティングサービス、決済コンサルティングサービス、データサイエンスサービス)

■本件に関するお問い合わせ先
かっこ株式会社 IR担当 :岩崎
メールアドレス :ir@cacco.co.jp
電話 :050-3647-4166