EC・カートシステム

Shopifyでの転売対策は?被害に遭わないためのポイント5つ

「Shopifyでの転売対策はどういったものがある?」
「転売被害に遭わないためにはどうすればいい?」
と悩んでいませんか?

ECサイトを運営していると困るのが、転売被害や情報漏洩などの被害でしょう。なかでも、転売は本来自社が得られるはずの利益を不正者に得られてしまううえ顧客にも迷惑がかかるため多くの企業がさまざまな対策を講じています。

そこでこの記事では

  • Shopifyで行える5つの転売対策
  • 転売に遭うと発生するリスク

について紹介。

すでに転売被害に遭い悩んでいる方やこれから転売対策をしたい方は、ぜひ最後までご一読ください。

また、2020年以降Shopifyをはじめ、ECサイトでは転売だけでなく不正アクセスや不正注文など悪質な被害が増えています。

もし転売被害にあっているかは、以下の転売チェッカーで自社の商品がどこでいくらで転売されているかを確認できます。
調査費用もかからないため、ぜひご利用ください。

\オークション・モール・CtoCサイトどこでいくらで転売?/
転売チェッカー無料調査受付中▲無料チェック受付中

Shopifyで行える5つの転売対策

ShopifyでECサイトを立ち上げたものの、転売などの被害にあってはブランドの信用や商品価値の低下につながってしまいます。

とはいえ、一体どういった対策が効果的なのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そこで、Shopifyで行える転売対策を5つご紹介します。

  • 【対策1】アカウントの作成を義務化する
  • 【対策2】購入制限をかける
  • 【対策3】自動決済で完了にはせず、不審な購入でないかチェックを行う
  • 【対策4】ReCaptchaをつける
  • 【対策5】不正検知システムを導入する

それぞれ詳しく解説していきますので、ぜひご参考ください。

【対策1】アカウントの作成を義務化する

1つ目に紹介するのは、アカウントの作成を義務化するといった対策です。ECサイトの中には、アカウントを作らなくても商品を購入できるサイトがあります。

しかし、アカウントを作成しない場合、購入規制などをかけても同一人物が大量に購入し転売されてしまうことも。

同一人物による大量購入を防ぐには、購入者が過去に購入した形跡がないかを確認する必要があります。その時に役立つのが、アカウントの作成です。

アカウントの作成を義務化すれば個人情報などと紐づけられるため、同一人物による大量購入を防ぐことが可能となります。

アカウントを作成することで、初めての利用者には手間が発生してしまいます。ですが、すでに利用してくれている顧客や商品を守るためにも、アカウントの作成を義務化するのはおすすめの転売対策です。

【対策2】購入制限をかける

次に紹介するのは、購入制限をかける対策方法です。人気な商品などでよく見かける「お一人様一つまで」といった購入できる個数に制限をかける方法になります。

先ほどのアカウント作成を義務化する話にも少し出てましたが、購入制限をかけるのは非常に有効な手段です。

というのも、購入制限をかけることで一時的に利益に影響がでてしまう場合もありますが、悪質な転売をしようとしている者も一定数でしか購入できなくなるためです。

一部の人間だけが大量に購入できなくなることで、公平に商品を多くの人に提供できるようになります。

【対策3】自動決済で完了にはせず、不審な購入でないかチェックを行う

3つ目は、自分で不正な購入がないかチェックして防ぐ方法です。工数はかかりますが、対策のルールが決めれば対処しやすいのが特徴です。

ただし、数が増えるほど工数が膨れ上がるのでECサイトを立ち上げた初期には有効な対策方法といえます。

すでに注文数が多い場合や注文数が増えてきた場合は、不正検知システムなどに切り替えるのがおすすめです。

【対策4】ReCaptchaをつける

4つ目の対策は、ReCaptcha(リキャプチャー)をつける方法です。ReCaptchaとは、Googleが出しているbotやシステムをつかった不正購入の対策に有効なツールです。

画像に表示されている文字を入力したり、「私はロボットではありません」の文言にチェックを入れたりすることで、botやシステムが不正購入をできない仕組みになっています。

ReCaptchaを導入することによりbotやシステムからの不正購入の対策が行えますが、一方で正規の顧客も文字の入力やチェックを入れなけらばいけない手間が発生します。

また、ReCaptchaの場合は、botやシステムなどによる不正購入のみにしか対策ができません。そのため、別途で不正者を検知するシステムの導入が必要になります。

【対策5】不正検知システムを導入する

最後に紹介するのは、不正検知システムを導入する対策方法です。

不正検知システムであれば、botやシステムの不正購入はもちろん、不正者による不正検知も可能です。

上記の画像のように、怪しいと判断した場合にのみ、二要素認証など追加の本人確認が行われます。そのため、正規顧客は追加入力などの手間なく購入できます。

とはいえ、高精度の不正検知システムなど有料ツールを導入すると導入費用が高く、売上比率に合わないこともあるでしょう。しかし、かっこの不正チェッカーは高精度であるにもかかわらず、無料試用期間もあるため初期費用を抑えて導入することが可能です。

高精度のツールを導入したいが費用もできる限り抑えたいという方は、ぜひ下記の資料をご覧ください。

\初期費用無料で導入できる不正検知サービス!/
チャージバック、転売にさよなら「不正チェッカー」

ShopifyなどのECサイトで転売被害に遭うリスクとは

改めてどんなリスクがあるのか確認しておきましょう。転売被害に遭うと発生リスクは、以下の3つがあげられます。

  • 【リスク1】長期的な利益に悪影響が出る
  • 【リスク2】ブランドイメージや顧客満足度の低下
  • 【リスク3】チャージバックが起こる可能性がある

一つずつ詳しく解説します。

【リスク1】長期的な利益に悪影響が出る

まずあげられるリスクは、長期的な利益に悪影響が出ることです。

転売目的の人が大量に購入するため、その場の利益はでます。ですが、元々の顧客に商品が渡らなくなり、顧客が購入できない状態が続いてしまうと顧客離れに繋がってしまう可能性があります。

顧客が離れてしまうと転売されている商品以外の売上も下がってしまうため、長期的に見ると全体の売上にも悪影響が出てしまうのです。

【リスク2】ブランドイメージや顧客満足度の低下

他にも転売されるリスクとしてあげられるのが、ブランドイメージや顧客満足度の低下です。

転売により商品が品薄になって購入できないことが続くと、いくら良い商品でも不満を抱いてしまう方がでてきます。

「一向に買えない。いつになったら買えるの?」
「高額で転売されているものしかない……」

また、転売が多いイメージがついてしまうと「転売対策をしないブランド」「顧客や商品のことを考えてないブランド」と良くないイメージがついてしまい、ブランドイメージや評判の低下にもつながってしまう可能性があります。

【リスク3】チャージバックが起こる可能性がある

最後に紹介するリスクは、チャージバックが起こる可能性があるということ。

チャージバックとは、通常はクレジットカードの不正利用から消費者を守る仕組みのことです。この仕組みを悪用し、不正購入してチャージバックを発生させる手口が増えています。

具体的に言うと、以下のような流れで不正購入されます。

  1. カードの不正利用で商品を購入
  2. フリマアプリなどで転売
  3. 不正利用だったのでチャージバックが発生

チャージバックが発生してしまうと、商品を発送したにもかかわらず利益が得られなくなってしまいます。利益がなくなるのはもちろん、チャージバックの対応などによる稼働もかかってしまうのです。

利益もなくなり対応コストが膨らむのを防ぐためにも、チャージバックを発生させない対策が非常に重要です。

Shopifyにおけるチャージバックの対策については、下記の記事にて紹介していますのでご参考ください。

このように転売やチャージバックなどECサイトを運営するうえでは、しっかりと対策を行うことが重要です。

また、転売被害にあっているかは、以下の転売チェッカーで確認できます。調査費用もかからないため、ぜひご利用ください。

\オークション・モール・CtoCサイトどこでいくらで転売?/
転売チェッカー無料調査受付中▲無料チェック受付中

転売だけでなく、不正注文への対策も重要

ここまで転売の対策やリスクについて紹介してきました。転売対策をするのはもちろんですが、同時に不正注文への対策を行うことも非常に重要なポイントです。

というも、転売をされる原因の1つには先ほどもお伝えした通り、クレジットカードの不正利用による転売目的の購入があります。

また、2021年以降ECサイトや通販サイトでの購入が増えている影響から、不正アクセスや不正利用による被害は増加傾向にあります。

そのため、​​Shopifyだけにとどまらず、ECサイトを運営するうえで不正注文や不正アクセスへの対策は必須です。自社の被害だけでなく、顧客に安心して利用してもらうためにも不正に対する対策を行いましょう。

ECサイトへの不正注文の手口や対策は以下の記事にて紹介しています。ぜひご一読ください。

Shopifyでの転売対策は不正システムの導入が最

Shopifyで行える転売対策には、以下の5つがありました。

  • 【対策1】アカウントの作成を義務化する
  • 【対策2】購入制限をかける
  • 【対策3】自動決済で完了にはせず、不審な購入でないかチェックを行う
  • 【対策4】ReCaptchaをつける
  • 【対策5】不正検知システムを導入する

なかでも効率よく顧客の手間や管理のしやすさを考えると、不正システムの導入が最適です。

とはいえ、いきなり高額なシステム導入が難しいという方も多いでしょう。

  • なるべく価格を抑えて導入を検討したい
  • 価格を抑えつつ精度はなるべく高いものを導入したい

といった方には、「不正チェッカー」がおすすめです。初期費用を抑えて導入できるだけでなく、無料使用期間もあります。

不正チェッカーに興味がある方は、以下からお問い合わせください!

\オークション・モール・CtoCサイトどこでいくらで転売?/
転売チェッカー無料調査受付中▲無料チェック受付中

ピックアップ記事

  1. 流行りのD2Cとは?メリット・デメリットと事例をわかりやすく解説!
  2. 【完全版】D2C事業の立ち上げ方と成功するポイントとは?
  3. D2CとEC(通販・ネットショップ) の違いから成功するためのポイントまで徹底解…

関連記事

  1. EC・カートシステム

    【完全版】Shopifyを使って集客する8つの方法。効果の測定方法も紹介

    「Shopifyの集客って難しそうだけど、どんな方法があるの?」…

  2. EC・カートシステム

    Shopifyを構築するにはどうするべき?依頼費用や選び方まとめ

    「ShopifyでECサイトを構築したいけど、やり方が分からない」…

  3. EC・カートシステム

    定期購入ビジネスモデルとは?顧客をリピーターにするコツも解説します

    「定期購入に関する概要を知りたい」「スタート時のコツや具体的な…

  4. EC・カートシステム

    ShopifyでECサイトを立ち上げる方法は?4つのステップをやさしく解説

    「Shopifyで、自社ECサイトを立ち上げたい」「実際にECサイ…

  5. EC・カートシステム

    知らないと損?ECサイトのブランディングによる3つの効果と成功ポイント

    コロナの影響で巣ごもり消費が盛り上がり、競争が激しくなっているオンライ…

  6. EC・カートシステム

    流行りのP2C(PtoC)って何?ビジネスモデルやD2C(DtoC)との違い

    「P2C(P to C)って言葉を最近よく聞くけど何なの?」と…

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 【完全版】D2C事業の立ち上げ方と成功するポイントとは?
  2. D2CとEC(通販・ネットショップ) の違いから成功するため…
  3. 流行りのD2Cとは?メリット・デメリットと事例をわかりやすく…
データの力でD2Cブランドを飛躍させるD2Cart

クレジットカードの不正注文・チャージバックを業界最安値で防げる「不正チェッカー」
  1. EC・カートシステム

    Shopifyを構築するにはどうするべき?依頼費用や選び方まとめ
  2. d2c

    【完全版】D2C事業の立ち上げ方と成功するポイントとは?
  3. d2c

    D2C事業でアプリ活用ってどうなの?導入のメリットや活用方法も解説
  4. d2c

    D2C事業をShopifyで実現できる?Shopifyのメリット・デメリットと活…
  5. EC・カートシステム

    D2C事業者なら絶対に知っておきたい!ShopifyでECサイトを立ち上げる方法…
PAGE TOP