EC・カートシステム

流行りのP2C(PtoC)って何?ビジネスモデルやD2C(DtoC)との違い

「P2C(P to C)って言葉を最近よく聞くけど何なの?」

というお悩みの方に向けて今回は

  • P2Cのビジネスモデル
  • P2Cが流行している2つの理由
  • P2Cの具体事例2選

について整理しました。

P2C(P to C)は新しい概念であるため、まだまだ実例が少なく、情報が整理されていない状況です。しかし、ポイントを押さえてざっくりと理解するだけであればハードルは高くありません。

今回は重要なポイントを中心に解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

P2Cとは?

P2C(P to C)とは「Person to Consumer」の略で、個人が自身で企画、生産した商品を中間業者や小売店をはさむことなく、消費者へ直接販売する取引形態のことを指します。

P2Cのビジネスモデルとは?

P2Cは、個人が自身でブランドや商品を企画し、SNSや、ブログ、メルマガなどを通じてそのブランドや商品コンセプトを発信しながら、ECサイトなどを活用して商品販売を行うビジネスモデルです。

P2Cはフォロワーの多いインフルエンサーが始めることが多く、自身の影響力をビジネスに活かせるのが特徴です。

P2CとD2Cの違いとは?

P2Cは個人が自身で企画、生産した商品を中間業者や小売店をはさむことなく、消費者へ直接販売する取引形態のことを指すと説明しました。

一方、D2C(D to C)とは「Direct to Consumer」の略で、メーカーなどの製造企業が自社で企画、生産した商品を中間業者や小売店をはさむことなく、消費者へ直接販売する取引形態のことを指します。

簡潔に整理すると以下の通りです。

  • P2C:個人が消費者へ直接販売
  • D2C:製造企業が消費者へ直接販売

つまり、D2CとP2Cの違いは売り手が企業なのか個人なのかという点だといえます。

言い換えると、企業の組織力で戦うか、個人の影響力で戦うかがD2CとP2Cの大きな相違点です。

D2Cについて概要を知りたい方は「流行りのD2Cとは?メリット・デメリットと事例をわかりやすく解説!」をご一読ください。

P2Cのメリットとは?

P2Cのメリットは、個人の影響力を活用できるため、失敗するリスクが低いことです。

P2Cの主体は既にフォロワーが多いインフルエンサーであることが大半です。

そのため、商品開発を行う際はフォロワーの意見を取り入れることができ、販売の際は既にファンが居るので集客コストが非常に低くなります。

フォロワー数からある程度は購買者数・売上を見積もることもできるので、ビジネス立ち上げにおける不確実性・リスクも軽減されます。

つまり、影響力がない人がビジネスを始める際には持っていないアドバンテージがあるので、比較的失敗するリスクが低いといえるのです。

P2Cが流行している2つの理由

P2Cが流行している理由は以下の2つです。

  1. SNSやYouTubeの流行でインフルエンサーが登場し個人が力を持ったため
  2. 個人がネットショップを簡単に開設できるツールが登場したため

これから1つずつ説明します。

1.SNSやYouTubeの流行でインフルエンサーが登場し個人が力を持ったため

P2Cが流行している1つ目の理由はSNSやYouTubeの流行でインフルエンサーが登場し個人が力を持ったためです。

今や世の中にはTwitter、Facebook、Instagram、Tiktok、YouTubeなど個人が発信できる様々なSNSやプラットフォームがあります。

こうしたプラットフォームがインターネットに精通した1990年~1995年生まれの「ミレニアル世代」や1996年~2015年生まれの「Z世代」を中心に爆発的に流行し、インフルエンサーが登場しました。

最近ではYouTuberのヒカキン氏のチャンネル登録者数が1000万人を超えるなど、個人が大きな影響力を持つようになっています。

インフルエンサーが登場し、個人が力を持ったことでP2Cビジネスが流行したといえます。

2.個人がネットショップを簡単に開設できるツールが登場したため

P2Cが流行している2つ目の理由は個人がネットショップを簡単に開設できるツールが登場したためです。

デジタル技術の発展により、Shopifyに代表されるような、ECショップ制作ツールが生まれました。

プログラミングの知識がなくてもオンラインショップの開設、商品の販売まで可能になったため、今では誰でもP2Cビジネスを始めれます。

Shopifyのようなツールを使えば、卸売や小売店をはさまずとも、個人が直接消費者と繋がれるので、P2Cビジネスに乗り出す人が増加し、注目されるようになったといえます。

P2Cの具体事例2選

P2Cの具体事例は以下2つです。

  1. カリスマYouTuberが大手ECとタッグでスニーカーを販売:ヒカル「Rezard」
  2. ファッションの伝道師がオリジナルブランドで大成功:MB「MBブランド」

これから1つずつ説明致します。

1.カリスマYouTuberが大手ECとタッグでスニーカーを販売:ヒカル「Rezard」

400万人を超えるチャンネル登録者数を誇るYouTuberのヒカル氏。彼がロコンドと提携して立ち上げたのがスニーカーブランドの「ReZARD」です。

「ReZARD」の特徴は、インフルエンサー個人でP2Cビジネスを始めるわけではなく、既存の大手ECサイトとタッグを組んだこと。

ヒカル氏は、ブランド理念や、製品開発におけるこだわりなどを自らのフォロワーに直接訴求した結果、販売開始から1週間で6億円もの売上を達成し話題となりました。

インフルエンサーが、フォロワーに働きかけてブランドコンセプトを伝え、集客したことで成功した事例だといえます。

2.ファッションの伝道師がオリジナルブランドで大成功:MB「MBブランド」

ブログやYouTube、メルマガなどでメンズファッションの解説を行うインフルエンサーであるMB氏はオリジナルブランドを立ち上げてます。

MB氏のオリジナルブランドの特徴は予約販売に特化している点です。

予約販売によって、過剰に在庫を抱えることがなく、個人でビジネスを展開する際のデメリットとなる資金力の差を払拭しています。

MB氏日々発信する内容と親和性の高い商品を販売しているため、P2Cビジネスの典型例だといえます。

P2Cはインフルエンサーの影響力を武器にしたビジネス!

今回はP2Cの定義から、P2Cが流行している理由、成功事例まで紹介させていただきました。

P2Cは、個人が自身でブランドや商品を企画し、SNSや、ブログ、メルマガなどを通じてそのブランドや商品コンセプトを発信しながら、ECサイトなどを活用して商品販売を行うビジネスモデルです。

そのため、フォロワーの多いインフルエンサーであれば、自分の影響力を武器に商品開発や販売を効率的に実施できます。

しかし、個人として影響力がない場合や会社で1から商品を作っていく場合は、D2Cビジネスとして消費者と直接繋がるのが現実的な戦略です。

まずはどのような層をお客さんにしていくのか、ターゲットを考えることから始めて、P2CなのかD2Cなのか、取引形態を探ってみてください。

ピックアップ記事

  1. 流行りのD2Cとは?メリット・デメリットと事例をわかりやすく解説!
  2. 【完全版】D2C事業の立ち上げ方と成功するポイントとは?
  3. D2CとEC(通販・ネットショップ) の違いから成功するためのポイントまで徹底解…

関連記事

  1. EC・カートシステム

    【厳選】Shopifyの導入事例7つとメリット・デメリットを解説

    「Shopifyって最近よく聞くけどどんな導入事例があるの?」「メリッ…

  2. EC・カートシステム

    Shopifyでの転売対策は?被害に遭わないためのポイント5つ

    「Shopifyでの転売対策はどういったものがある?」「転売被害に…

  3. EC・カートシステム

    ECカートの種類と選ぶ際のポイントは?失敗しないカートの選び方を解説

    コロナによる自粛の影響もあり、オンラインショッピングを利用するユーザー…

  4. EC・カートシステム

    注意!全く売れないネットショップに共通する9つの課題&対策

    HTMLなど難しいコードを書かなくても、ECサイトを簡単に立ち上げられ…

  5. EC・カートシステム

    【保存版】Shopifyの不正注文への対処法まとめ

    「Shopifyの不正注文に巻き込まれないためにはどうすればいいの?」…

  6. EC・カートシステム

    売れるネットショップを作る集客方法9つ&成功事例3選

    ネットショップの売上は「集客×成約率×単価」で計算できます。そ…

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 【完全版】D2C事業の立ち上げ方と成功するポイントとは?
  2. D2CとEC(通販・ネットショップ) の違いから成功するため…
  3. 流行りのD2Cとは?メリット・デメリットと事例をわかりやすく…
データの力でD2Cブランドを飛躍させるD2Cart

クレジットカードの不正注文・チャージバックを業界最安値で防げる「不正チェッカー」
  1. EC・カートシステム

    YouTubeで広告を出すにはどれがおすすめ?9種類のYouTube広告を紹介
  2. EC・カートシステム

    【保存版】Shopifyの不正注文への対処法まとめ
  3. d2c

    D2Cの戦略から集客ツールまでまとめて解説!鍵はお客さんとコミュニケーションにあ…
  4. EC・カートシステム

    【厳選】Shopifyの導入事例7つとメリット・デメリットを解説
  5. d2c

    【完全版】D2C事業の立ち上げから集客方法までを一挙公開!
PAGE TOP