d2c

【完全版】事例で分かる!D2Cブランドの海外・国内成功例10個

「D2Cブランドの成功事例には何があるの?」

「D2Cブランドが成功するためのポイントって何?」

とお悩みの方に向けて今回は、D2Cブランドの成功事例について厳選して10個まとめさせて頂きました。

D2Cブランドの事例について特徴と強みを中心に整理したので、自社のビジネスにどう活かすべきか?成功のポイントは何なのか?考える際に参考になれば幸いです。

〜「売る」と「ブランディング」を両立させるD2Cの実現とは?〜
無料で貴社のD2Cサイトご相談承り中

D2Cブランドとは?

まず、そもそもD2Cとは「Direct to Consumer」の略です。

D2Cはその名の通り、メーカーなどの製造企業が自社で企画、生産した商品を中間業者や小売店を挟むことなく、消費者へ直接販売します。

つまり、D2CブランドとはD2Cで取引する企業のことを指しています。

D2Cブランドの強みは高品質な製品を、比較的低価格で商品コンセプトやブランドの世界観を伝えながら販売できること。

なぜならD2Cは中間業者を通さず、ダイレクトに消費者と取引できる方法だからです。

これからD2Cの成功事例10個の紹介を通じて、D2Cブランドのイメージを掴んで頂ければと思います。

D2Cブランド:アパレルに関する事例

ここからはアパレルのD2C事例として

  • 高品質でオシャレなメガネを安価で販売:Warby Parker(海外)
  • 洗濯機で洗えて靴下を履かなくてもいいスニーカーを販売:Allbirds(海外)
  • 小柄な女性向けの衣服をSNSマーケティングで販売:COHINA(国内)

の3つを紹介します。

高品質でオシャレなメガネを安価で販売:Warby Parker(海外)

引用:Warby Parker

Warby Parkerは2010年に創業され、ニューヨークを拠点におしゃれで比較的安価なメガネを販売しているD2Cブランドです。

Warby Parkerの特徴は、メガネの購入をすべてオンラインで完結させたことです。購入の流れは以下の通り。

  • ECサイト上で「HomeTry-on」という試着品をオーダーする
  • オーダー時に選んだ5つのフレームが家に届く
  • じっくりと吟味しながら購入を検討できる

また、ウェブカメラを用いたバーチャル試着や、さらには視力検査までオンラインで完結。

メガネの購入プロセスを全てオンラインで完結したビジネスモデルが強みのD2Cブランドだといえます。

洗濯機で洗えて靴下を履かなくてもいいスニーカーを販売:Allbirds(海外)

引用:Allbirds

2016年創業のAllbirdsは、洗濯機で洗えて裸足のまま履けるウールスニーカーを販売するD2Cブランドです。

Allbirdsの特徴は、シンプルさを極限まで高めたデザイン。

ニュージーランド直送のウールを用いて作られており「洗濯機で洗えて靴下を履かなくてもいい」という商品コンセプトも人気を博した理由です。

一貫したブランドの世界観・商品コンセプトが強みのD2Cブランドだといえます。

小柄な女性向けの衣服をSNSマーケティングで販売:COHINA(国内)

引用:COHINA

2017年に創業のCOHINAは、表参道を拠点に小柄女性を美しく見せる服を販売するD2Cブランドです。

COHINAの特徴は、消費者とのダイレクトコミュニケーションです。

365日インスタライブを配信しており、小柄女性モデルによる洋服の着用を通して消費者へ商品コンセプトやブランドの世界観を伝えています。

また、消費者はインスタライブの中で、女性モデルに着用して欲しい洋服を指定できるので「小柄な自分にはサイズが合わないのでは?」という心配事も解消できています。

SNSにおける消費者とのインタラクティブなコミュニケーションが強みのD2Cブランドです。

D2Cブランド:美容に関する事例

次に美容関連のD2C事例として

  • 高品質メンズスキンケアをサブスクリプションで販売:BULK HOMME(国内)
  • 肌診断をもとに個々人の肌に合ったカスタマイズサプリを提供:FUJIMI(国内)
  • その人の肌本来の美しさを引き出すコスメを販売:Glossier(海外)

の3つを紹介します。

高品質メンズスキンケアをサブスクリプションで販売:BULK HOMME(国内)

引用:BULK HOMME

BULK HOMMEは2013年に創業され、メンズスキンケアを販売しているD2Cブランドです。

BULK HOMMEの特徴は、マーケティング手法とブランド戦略の2つ。

マーケティング手法としては、以下のような仕組みを構築しています。

  • デザイン性が高く、高品質な男性用化粧品を、まずは初回特典として安価で販売
  • 顧客を囲い込めたら、サブスクリプション形式で安定して収益を得る

ブランド戦略としては木村拓哉氏を起用したCMを配信し認知を拡大、「イケてるメンズコスメ」の地位を確立しました。

早期にメンズコスメ市場に参入し、サブスクリプションモデルを構築できていることが強みのD2Cブランドだといえます。

肌診断をもとに個々人の肌に合ったカスタマイズサプリを提供:FUJIMI(国内)

引用:FUJIMI

FUJIMIは2017年に創業され、肌診断をもとに個々人の肌に合ったカスタマイズサプリを販売しているD2Cブランドです。

FUJIMIの特徴は、個々人にパーソナライズされた商品をサブスクリプションで販売していること。

WEB上で完結する肌診断をもとに、その人に合わせた組み合わせの成分でサプリを製造。そして1日分(5粒)ずつ個包装され、まとめて1カ月に1度だけ送られてきます。

サブスクリプションで収益基盤を固めつつ、豊富な肌診断データを蓄積し、商品開発に活かしていることが強みのD2Cブランドだといえます。

その人の肌本来の美しさを引き出すコスメを販売:Glossier(海外)

引用:Glossier

Glossierは2014年に創業され、ニューヨークを拠点にその人の肌本来の美しさを引き出すコスメを販売しているD2Cブランドです。

Glossierの特徴は、SNSのバズを引き起こすような店舗設計です。

Glossierの実店舗の店内はブランドの世界観を忠実に表現。幻想的なデザインとなっており、現地ではインスタの聖地となっているようです。

また、商品の決済は、販売員が持つiPadで完結するため、ストレスフリーな購買体験を提供しています。

ブランドの世界観を実店舗で表現し、自動で拡散される仕組みを構築したことが強みのD2Cブランドだといえます。

D2Cブランド:食品に関する事例

次に食品関連のD2C事例として

  • 1食で必要な栄養素を取ることができるパンや麺を販売:BASE FOOD(国内)

を紹介します。

1食で必要な栄養素を取ることができるパンや麺を販売:BASE FOOD(国内)

引用:BASE FOOD

BASE FOODは2016年に創業され、1食で必要な栄養素を取れるパンや麺を販売するD2Cブランドです。

BASE FOODの特徴は、ユニークな製品をサブスクリプションモデルで販売している点です。

26種のビタミンやミネラル、たんぱく質、食物繊維など、からだに必要な栄養素が詰まっているパンやパスタが1カ月分まとめて送られてくる仕組みとなっています。

まずは初回特典として安価で販売し、顧客を囲い込んでいくことで安定して収益を得る仕組みを構築しています。

早期に完全食市場へ参入しサブスクリプションモデルを構築できていることが強みのD2Cブランドだといえます。

D2Cブランド:寝具に関する事例

次に寝具関連のD2C事例として

  • オンリーワンの睡眠企業としてマットレスなどの製品を販売:Casper(海外)

を紹介します。

オンリーワンの睡眠企業としてマットレスなどの製品を販売:Casper(海外)

引用:Casper

Casperは2014年に創業され、ニューヨークを拠点に快適なマットレスを販売するD2Cブランドです。

Casperの特徴は、「実店舗で買うのが当たり前」をくつがえした販売手法のユニークさにあります。

マットレスをオンラインで安価に、かわいらしい箱に梱包して販売したため、SNSを通じて瞬く間に人気となりました。

また睡眠企業と題して、羽毛布団や、ベッドシーツ、枕やベッドの脇に置くランプなど眠りに関する領域の製品を開発・販売しています。

品質の高いマットレスを安価で、かつ、オンライン上で届ける仕組みを確立したのが強みのD2Cブランドだといえます。

D2Cブランド:旅行に関する事例

次に旅行関連のD2C事例として

  • イケてるスーツケースから旅に関するマガジンまで販売:AWAY(海外)

を紹介します。

イケてるスーツケースから旅に関するマガジンまで販売:AWAY(海外)

引用:AWAY

AWAYは2015年に創業され、ニューヨークを拠点にイケてるスールケースを販売するD2Cブランドです。

AWAYの特徴は、質とデザインを両立した商品を比較的安価に、ユニークなマーケティング手法で販売している点です。

自らを「旅」の会社と定義し、旅行をテーマにしたマガジン販売や、ポッドキャスト配信を展開。

それらを通じて「イケてるスーツケース」を世の中に広め、人気となりました。

様々な媒体を活用し、ブランドの世界観を表現するコンテンツ力が強みのD2Cブランドです。

D2Cブランド:ペットに関する事例

最後にペット関連のD2C事例として

  • 愛犬にカスタマイズされた新鮮なドッグフードを提供:PETKOTO FOODS(国内)

を紹介します。

愛犬にカスタマイズされた新鮮なドッグフードを提供:PETKOTO FOODS(国内)

引用:PETKOTO FOODS

PETKOTO FOODSは2015年に創業され、愛犬にカスタマイズされた新鮮なドッグフードを販売するD2Cブランドです。

PETKOTO FOODSの特徴は、高品質かつパーソナライズされた製品をサブスクリプションモデルで販売している点です。

フード診断を元に、愛犬の健康を維持するために最適な商品がまとめて送られてくる仕組みとなっております。

最低限の加熱調理後に急速冷凍していることで、ドライフードに比べ水分が70%程度と多め。そのため消化吸収に優れているのが人気の理由です。

また、ほぼ国産食材を使って手作りし、保存料や着色料などの添加物は一切使用していないことでも人気を集めています。

ペットにパーソナライズされた製品を、サブスクリプションモデルで販売するというユニークなビジネスモデルが強みのD2Cブランドです。

低価格・高品質もしくは顧客に最適化された製品をブランディングすることが成功の秘訣!

今回はD2Cブランドの成功事例を紹介させていただきました。

D2Cを成功させるには価格・高品質もしくは顧客に最適化された製品をブランディングすることが重要だといえます。

また、販売形式としてはサブスクリプションモデルで収益基盤を構築している企業が多いのも、自社のビジネスに適用する際に押さえておきたいポイントだといえます。

成功事例を参考に、高収益なD2Cブランドを目指してみてください!

〜「売る」と「ブランディング」を両立させるD2Cの実現とは?〜
無料で貴社のD2Cサイトご相談承り中

ピックアップ記事

  1. D2CとEC(通販・ネットショップ) の違いから成功するためのポイントまで徹底解…
  2. 【完全版】D2C事業の立ち上げ方と成功するポイントとは?
  3. 流行りのD2Cとは?メリット・デメリットと事例をわかりやすく解説!

関連記事

  1. d2c

    D2CとEC(通販・ネットショップ) の違いから成功するためのポイントまで徹底解説!

    「D2Cと従来のEC(通販・ネットショップ)の違いって何?」「…

  2. d2c

    D2C事業をShopifyで実現できる?Shopifyのメリット・デメリットと活用事例3選!

    「『Shopify』って最近よく聞くけどメリット・デメリットって何?」…

  3. d2c

    D2Cカート早わかりガイド!選び方からおすすめカートシステムまで徹底解説

    「D2Cでカートを選ぶ際のポイントって何?」「具体的にどんな種類がある…

  4. d2c

    【D2C】インフルエンサーマーケティングは”選び方”で結果と手法が変わる!?

    D2C事業に取り組んでいて、「インフルエンサーマーケティングって最近よ…

  5. d2c

    D2Cの広告手法5選&成功事例3選を徹底解説

    「D2C事業で集客するにはどんな方法があるの?」というお悩みの…

  6. d2c

    【完全版】D2C事業の立ち上げ方と成功するポイントとは?

    「D2C事業って難しそうだけど立ち上げの際に気を付けておくべき事ってあ…

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 【完全版】D2C事業の立ち上げ方と成功するポイントとは?
  2. D2CとEC(通販・ネットショップ) の違いから成功するため…
  3. 流行りのD2Cとは?メリット・デメリットと事例をわかりやすく…
データの力でD2Cブランドを飛躍させるD2Cart

クレジットカードの不正注文・チャージバックを業界最安値で防げる「不正チェッカー」
  1. EC・カートシステム

    定期購入ビジネスモデルとは?顧客をリピーターにするコツも解説します
  2. EC・カートシステム

    YouTubeで広告を出すにはどれがおすすめ?9種類のYouTube広告を紹介
  3. d2c

    D2Cの広告手法5選&成功事例3選を徹底解説
  4. d2c

    【D2C】インフルエンサーマーケティングは”選び方”で結果と手法が変わる!?
  5. d2c

    【完全版】D2C事業の立ち上げ方と成功するポイントとは?
PAGE TOP