03-6447-4534お電話でのお問い合わせ[平日10時~18時]

不正検知事業タイトル

 

越境ECで高い「代金回収率」を実現するソリューション

越境ECを実施するには、サイト構築、オペレーションから決済、配送までさまざまな準備が必要です。部分的に外部サービスを使ったり、国内EC向けのリソースを活用したりもできますが、最も重要視していただきたいのが「決済」、特に「代金回収率」を上げることです。売り上げがいくら伸びても、未払い・チャージバックが増加しては事業の成功は望めません。
当社では貴社の越境EC成功のために、高い「代金回収率」を実現するソリューションを提供しています。


国内対応で培った経験は活かせない

決済を含め、国内ECサイトを中国語等にローカライズして海外発送の準備も整ったところで、いよいよ越境EC開始!しかし、代金回収のリスクが大幅に高まっていることを認識しておく必要があります。
たとえば、日本国内のECサイトでは、海外発行のクレジットカードを利用不可としているところも少なくありません。リスクヘッジとして一理ありますが、越境EC実施にあたっては当然ながら海外発行カードを使えるようにしなければなりません。

また、名前や住所の偽装がある不正注文を、これまでオペレーターの職人的な対応や自社ブラックリストで見抜いていた場合は、経験も仕組みも改めて0から積み上げる必要があり、当面はすべて素通りで受け付けることになります。特に狙われやすい開店時期に、国内ECの自社対応での経験はほぼ活かせないと考えてよいでしょう。

決済代行会社も、こうしたリスクを見込んで越境EC向けには料率を上げるところもあり、EC事業者の利益率を圧迫します。なにより多くの場合、チャージバック発生時の支払はEC事業者であることに変わりはありません。
つまり「代金回収率」向上のためには、越境EC事業者みずからの、不正注文への対策が必須と言えます。


世界基準の不正検知技術を提供する「O-PLUX 越境ECモデル」

そこで検討いただきたいのが、国内EC業界で7,000を超えるWebサイト・サービスでに採用されている不正検知サービス「O-PLUX」です。「O-PLUX」では、越境ECを実施している事業者様に向けて「越境ECモデル」をご用意しています。
越境EC横断型のブラックリスト適用や、数百の異常値検知アルゴリズムを採用。リアルタイム審査など国内向けO-PLUXの機能はそのままに、特に越境ECで目立つ不正注文検知に特化したサービスとなっています。
※犯罪への悪用を避けるため、公開できる機能も限られますので詳しくはお問い合わせください。


導入費用・期間について

審査件数等により異なりますので、お気軽にご連絡ください。

関連するセミナー・製品情報

  • セミナー・製品情報はありません。

不正注文検知サービス「O-PLUX(オープラックス)」の詳細はこちらからご覧ください。

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。

03-6447-4534(平日10時~18時)